親知らずは、抜くだけが
解決法ではありません−

親知らず

「親知らず」というと、抜く(抜歯する)といったイメージがありませんか?

親知らずは必ずしも抜くとは限りません。
比較的容易に抜くことができる場合もあれば、口腔外科手術が必要となるケースもあります。

口腔内の状態を確認し、レントゲン撮影を行い「本当に抜歯をしなければならないのかどうか」を判断します。
そして診査の結果を患者様へ分かりやすくご説明します。

親知らずは個人差が激しく、歯の一部分だけ出ている場合もあれば、横向きに生えているケースもあります。
それぞれの患者様の親知らずの状態に合わせ、適切な治療をいたします。
抜歯を行うことなく、暫く様子を見るケースもあります。

親知らずによる悪影響について

かみ合わせが悪くなることで頭痛や肩こり等の症状があらわれることもあります

親知らずを抜かなくても良いケース

抜歯をした方が良いケース

問題のない、大臼歯へ悪影響がある時などは、抜いた方が良いでしょう。

多くの方が「親知らずを抜歯する」というと、強い痛みをイメージされると思います。
ニューナゴヤクリニック歯科では、治療時に痛みが少ないよう十分に麻酔を行います。

もちろん、麻酔時にも痛みがないよう配慮いたします。
患者様へできるだけ負担がないよう治療します。

ご不明な点や不安のある方はお気軽にお話ください。
これまでの経験・知識に基づいた、丁寧なご説明をします。

>麻酔時の痛み軽減への取り組みはコチラ

 

患者様からのお声

名古屋市中村区からお越しのM.W様

親知らずが原因で起こる痛みが気になっていました。
先生に診てもらい、やはり抜くことになりました。少し特殊な生え方をしているので、時間はかかりましたが、できるだけ痛みのないように抜いてもらえました。

ニューナゴヤクリニック歯科
アクセス
午前:9:30 〜 午後:1:00
午後:2:00 〜 午後:6:00
休診:木曜・日曜・祝日
052-563-1101
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅1-2-2
近鉄ビル 10F
  • アンチエイジング
  • 無痛治療
  • インプラント
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • レーザー
  • 親知らず
  • 歯周病
  • むし歯
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 歯ぎしり・噛みしめ
  • 金属アレルギー
  • 技工所
  • DNA保管事業
  • 当院の治療について
  • よくあるご質問
  • リンク集
  • サイトマップ
スマートフォンから
アクセスをしますと、
専用のレイアウトで
表示されます。
For smartphone
ニューナゴヤクリニック歯科の
携帯サイトはこちらのQRコードを
読み取ってご覧いただけます。
携帯サイト
提携クリニック 名古屋
ページトップへ戻る
ページ
最上部へ
TOP
PAGE